家族の健康を守るメディカル・インフォメーションサイト

子どもの歯医者通いのタイミングはいつ?

歯科医院への定期通院による予防歯科と歯科治療の円滑化

本項は、歯科診療においてポピュラーな予防歯科と歯科治療の基本的な要点と、国内の歯科療法の現状を押さえつつ、こどもにとって予防歯科と歯科治療の双方がもたらし得る影響を提示することで、こどもに対して行われる歯科診療のポイントを捉えることを試みたページです。

早期の歯科通院開始を考える

虫歯や歯周病に対する予防歯科の有効性と、定期健診による早期発見の重要性について触れることで、予防歯科及び定期健診による予防の普遍性を示し、両親によるサポートを要する年齢のこどもを歯科医院へ連れて行く意義と、両親の選択が将来のこどもの歯の健康寿命に与え得る影響に言及しました。

こどもの歯科診療に関するベーシックな捉え方

基本的に虫歯や歯周病対策として効果的なのは、歯科医院での予防歯科と定期健診の組み合わせによる、虫歯並びに歯周病予防と、虫歯・歯周病の早期発見に尽きます。

人間の腕の可動域の限界と歯ブラシの形状的限界によって、歯間や歯の裏側の清掃が困難であることが主な要因となり、これを補うために、風と水流による高圧洗浄や、フッ素の添付によってあらかじめ歯を保護すると共に口内細菌の抑制を行う予防歯科及び、歯科医による専門の器具を用いた定期健診による虫歯等の早期発見が現状最も効果的なのです。

予防歯科による虫歯予防はともかく、どうして定期健診による虫歯の早期発見が歯科治療に有効であるかというと、虫歯や歯周病も一般的な病気の例に漏れず、早期に発見した方が規模も小さく、場合によっては、歯を削ることなく完治することも可能であり、歯科治療の必要な範囲を最小限にできれば、自然歯の健康寿命への影響もまた最小限にできることができるでしょう。

このように、予防歯科と定期健診の組み合わせによるシナジー効果は、虫歯と歯周病の予防策として極めて高い効果を発揮するに留まらず、歯科治療の円滑化にまで及ぶことから、予防と治療の両面で高い効果を発揮し、自然歯の保全による歯の健康寿命の維持促進に至るまで幅広い有効性を示すことから、保険診療の適用範囲男内に留めても年間で三万円程度のコストを必要とはするものの、極めて有用性が高く、コストに見合うだけの価値があります。

一般的な歯科通院の目安と定期的な歯科検診の習慣化の長短

歯科医院へ継続的通院を始めるに当たっての、一般的な目安となるベターなタイミングを提示すると共に、予防歯科と定期健診を受ける際の具体的な頻度や、それによって生じるコストの具体例をデメリットとして示すことで、予防歯科と定期健診が持つネガティブな面にも目を向けています。