この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

歯科医院への定期通院による予防歯科と歯科治療の円滑化

基本的な予防歯科と歯科治療

日本における歯科医院では、主に予防歯科と歯科治療を受診することが可能で、予防歯科は虫歯及び歯周病の予防を行う、予防的歯科療法であり、歯科治療は虫歯や歯周病の直接的な治療を行う治療療法となります。

両者についてアバウトに触れると、予防歯科は、近年日本で注目度が高まっている予防的歯科療法でありながらも、グローバル的にはスタンダートな歯科療法であることから、日本の歯科療法が世界的には後進状況にあることが解せ、歯科治療が歯科医院における治療の中心を占める現状を窺い知ることができます。

ただし、日本における歯科療法の後進状況は歯科医師自身に起因するものではなく、歯科教育の後進性によるところが大きいことに加えて、厚生労働省による医薬品の許認可基準の厳しさが大きく要因を占めますが、歯科教育の後進性は別として、厳格な医薬品の許認可基準に関しては、薬害を回避するためにやむを得ないため一概には否定できません。

こどもにとっての予防歯科と歯科治療

予防歯科の基本的な考え方は、虫歯や歯周病予防による歯の健康状態の維持と自然歯の保全にあり、自然歯の保持による歯や健康寿命の維持促進が主な目的です。

対して歯科治療はいわゆる対症療法に当たり、歯に何らかの異常が生じてからの歯科療法であることから、歯の健康寿命の維持促進よりは、歯や歯茎の治療に重きが置かれ、歯を削ることで自然歯にダメージが残ったり、歯神経を抜くことで自然歯の寿命が大幅に減じたりするなどのデメリットが伴うものの、対症療法としての虫歯への効果は見込めます。

老若男女を問わず歯の健康は、日常生活を送るためにも、健康寿命に直結することからも、重要性が高いことは言うまでもありませんが、特に今後の人生が長いであろう、こどもには、早期の予防歯科受診と歯科医院への通院の定期化を併せて考慮すべきでしょう。